気の持ちようという人に物申す!

生理前に死にたくなるくらい病んで病んで病みまくる!その経験があります。中にはない女性も居るようですし、友人や彼に相談すると気の持ちようでしょ?みたいな言い方をされ、イラッとしたのを覚えています。実際、生理前鬱の真っ最中は、気の持ちようというように、上手いこと気を持ち直したり気分を変えるなんて余裕ゼロなのです。私は普段から落ち込みがちな性格ではまったくないし、むしろ引かれるくらいポジティブな人間で、波乱万丈に生きてきたほうですが前向きな性格です。そんな私でもどん底な気分に陥ってしまいコントロールがきかなくなってしまいのです。生理前鬱はなった人にしかわからないものです。軽く思われがちで、生理前欝になっていると自覚がある人でも、その重さはひとそれぞれです。

生理前鬱にならないようにするにはどうしたらいいのかと誰もが知りたい課題だと思いますが、気にしないようにするなど、他のことに気をもっていくなど、そのような余裕がもてる人はそれが一番です。そんな次元じゃないの!わかってよ!という私と同じような人は、「生理前だからこの鬱は大丈夫」とひたすら言い聞かせるしかないと思いますもちろん病院に相談すれば薬をもらえます。生理前欝に効く安定剤のようなものもありますが、安定剤系は気持ちの依存が敵なのでなるべく避けたいですよね。なので、身近な人の力を借りたりして乗り越えましょう。数日間の辛抱ですよ!家族や身近な人に生理前鬱を重く受けとめて理解して接することが必要だと思います。理解してもらえるように、真剣に話し合うことが大切です。そうすることによって、生理前鬱の本人の負担が少し軽くなるのです。
生理前に死にたくなる生理前鬱(PMS・PMDD)改善策は?