肌にあうか不安

白漢しろ彩は、知り合いがつかっていました。白漢しろ彩の酒さに効く化粧水をつかっていた知り合いの肌は、とてもきれいで、吹き出物が、まったくなくて、また、肌がすきとおるように、真っ白で、うらやましかったです。わたしも知り合いのようになりたかったので、酒さ専用化粧水をつかうことにしました。つかいつづけるうちに、知り合いのように、肌に透明感や、はりがでてきました。しわ、ほうれい線が、以前にくらべて、格別にへりました。笑うとできていたほうれい線は、きにしていたので、うれしいかぎりです。また、乾燥しにくくなり、冬場でも、つかいつづけております。乳液をつかう量も、前より、すくなくてすむようになって、うれしいです。

肌のくすみや、透明感がない肌でなやんでいるひとにとっては、酒さ専用化粧水は、おすすめだとおもいます。わたしもじっさいに、つかいはじめてから、透明感がでてきたし、知り合いの肌も、きれいなままです。肌があくまで強いかたがおすすめです。肌が敏感なひとは、最初に、二の腕などのうちがわや、顎の下など、めだたない箇所で、パッチテストをして、かぶれないか、24時間あけて、ようすをみることをおすすめします。24時間かけて、かぶれなければ、肌がよわいかたも、酒さ専用化粧水をつかっても大丈夫だとおもいます。美白効果もあるため、下手に美白クリームなどをつかうよりかは、酒さ専用化粧水をつかうほうが、よっぽどよいです。